ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗は7日、福島市の福島県営あづま球場で第2戦が行われ、昨夏の東京オリンピック(五輪)金メダルの日本は同銀メダルの米国に2-3で敗れ、1勝1敗となった。

日本は先発の勝股(ビックカメラ高崎)が5回に唯一の失点となる3ランを浴びた。8安打を浴びながら粘っていただけに「1球で決まってしまう。試合を壊してしまった。自分自身に悔しい」と肩を落とした。最終戦は8日に東京五輪決勝が行われた横浜スタジアムで開催される。