バスケットボール男子の日本代表は13、14日に仙台市でイラン代表との強化試合に臨む。

東京都内で合宿中の候補選手らが8日、オンラインで取材に応じ、ホーバス監督は「(8強入りした7月の)アジア・カップよりもっといいバスケットをやりたい」と意気込みを語った。

イランとはアジア杯の1次リーグで対戦し、76-88で敗れた。特にリバウンド数は31本対44本と劣勢。監督は「リバウンドもレベルアップしたい。アジア杯のチームとは全然違う」と語り、身長203センチのウィリアムス(島根)や206センチのシェーファー(三河)らの奮闘に期待を寄せた。

米プロNBAウォリアーズの一員としてサマーリーグに参加した馬場は、昨夏の東京五輪以来の代表活動参加。「3点シュートがすごく重要視されている。がらっとプレースタイルを変え、積極的にシュートも狙っていきたい」と話した。(共同)