米国テニス協会は18日、4大大会最終戦、全米オープン(29日開幕・ニューヨーク)の男女シングルスの優勝賞金が260万ドル(約3億5100万円)になると発表した。昨年は250万ドルだった。

大会の賞金総額は史上初めて6000万ドルを上回った。早いラウンドの配分を増やし、2016年と比べ1回戦は85%増の8万ドル、2回戦は57%増の12万1000ドルとなった。(共同)