サーフィンのワールドゲームズ最終日は24日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われ、男子の日本が団体で初優勝を遂げ、2024年パリ・オリンピック(五輪)の出場1枠を獲得した。

東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)がワールドゲームズ日本勢初制覇。11位の村上舜、25位の上山キアヌとの合計で国・地域別の最高得点をマークした。日本のパリ五輪出場決定は全競技を通じて初。18年、21年大会準優勝の五十嵐は準決勝に15・93点で圧勝し、決勝は完成度の高い空中技を連発して15・96点で制した。エースは「日本のためにパリのスポット(枠)を取ることが一番の目標。すごいうれしい」。今回の五輪枠は国に与えられ、出場する選手は各国が今後選定する。