男子の世界ランキングでトップに立つ19歳のカルロス・アルカラス(スペイン)が左脇腹の肉離れのため、年間成績上位者で争われるツアー最終戦、日東電工ATPファイナルを含む今季の残り試合を欠場する見通しとなった。5日、自身のツイッターで明らかにした。

アルカラスは全米オープンのシングルスで4大大会初優勝を果たし、男子の世界ランクが1973年に導入されて以降、初めて10代での1位となった。(共同)