全日本連盟(全柔連)は18日、東京オリンピック覇者で男子66キロ級の阿部一二三と同60キロ級の高藤直寿(ともにパーク24)がグランドスラム(GS)東京大会(12月3、4日・東京体育館)を欠場すると発表した。

そろって優勝した10月の世界選手権から試合間隔が短く、今後の大会に向けた調整を考慮したという。