米プロバスケットボールNBAのウィザーズは29日、右足首痛で欠場が続いていた八村塁が28日にMRI検査を受け、骨挫傷と診断されたと発表した。渡辺雄太のネッツと対戦する30日(日本時間12月1日)の試合は欠場し、その後は回復具合を見て判断する。渡辺も右太もも裏の張りでウィザーズ戦の欠場が決まった。

八村は18日のヒート戦で右足首を捻挫し、20日のホーネッツ戦から5試合連続で欠場していた。4季目の今季は16試合に出場して1試合平均11・6得点、4・8リバウンドをマークしていた。(共同)