国際柔道連盟(IJF)は6日、キューバの女子代表監督を務めたロナルド・バルディビエ氏が死去したと発表した。75歳だった。

1992年バルセロナから2012年ロンドンまで五輪6大会で率い、金5、銀9、銅10のメダルに導いた。柔道史上最も多くの五輪メダルを獲得した指導者で、IJF殿堂入りを果たしている。体重160キロの巨漢でおなじみの名物監督だった。