日本卓球協会は9日、全日本選手権(来年1月23~29日・東京体育館)のシード選手を発表し、シングルスの女子で2年連続4度目の優勝を狙う伊藤美誠(スターツ)は前回準優勝の早田ひな(日本生命)、石川佳純(全農)、平野美宇(木下グループ)と反対のブロックに入った。準決勝では木原美悠(エリートアカデミー)と対戦する可能性がある。

男子は2連覇を目指す戸上隼輔(明大)と前回ベスト16の張本智和(IMG)は違うブロックとなり、決勝まで当たらない。男女ダブルス、混合ダブルスも実施する。(共同)