バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)の広島は7日、フィリピン代表で身長220センチのセンター、カイ・ソット(20)が入団すると発表した。恵まれた体格にスピードも兼ね備え、「フィリピンの至宝」として早くから注目を集めた。昨年の米プロNBAのドラフトでは指名されず、今季はオーストラリアなどのチームで構成されるプロリーグNBLの36ersでプレーした。

早ければ今月中旬にチームに合流する可能性がある。球団を通じ「優勝を目指すドラゴンフライズのシーズンが素晴らしいものになるよう、全力を尽くしたい」とコメントした。広島は西地区で27勝9敗の2位。(共同)