カーリングの軽井沢国際選手権開幕前日の30日、会場の軽井沢アイスパークで会見が行われた。女子の中部電力のスキップ北沢育恵(27)は「地元の人たちがたくさん観戦にきてくれ、楽しみにしている大会の1つ。強豪チームがそろうが、応援を力に変えて優勝を目指したい」と宣言した。

カナダ代表として14年ソチ五輪金メダルを獲得したジェニファー・ジョーンズがスキップを務めるチームも来日。21年北京五輪にも出場した47歳のレジェンドは、14年の今大会で優勝しており「日本にまた来ることができて、とてもうれしい」と笑顔を見せた。

“メガネ先輩”として日本でも有名な韓国のキム・ウンジョンが率いる前回大会優勝チームも参戦。北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレの妹分にあたるロコステラは、本橋麻里が副スキップを務める。

他にも日本選手権準優勝のSC軽井沢クラブやフォルティウスなど国内外8チームが出場する。決勝は12月3日。