男子200メートルバタフライは東京五輪銀メダリストの本多灯(イトマン東京)が1分53秒99で優勝した。

200メートル個人メドレーの女子は成田実生(金町SC)が2分10秒70で1日の400メートルに続いて優勝した。東京五輪2冠の大橋悠依(イトマン東進)は2分11秒08で2位。男子は小方颯(イトマン港北)が1分57秒65で1位だった。

女子200メートルバタフライは、7月の世界選手権で2位に入ったエリザベス・デッカーズ(オーストラリア)が制した。内田かりん(山梨中央銀行)が2位、三井愛梨(法大)が3位で続いた。(共同)