スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は2日、ノルウェーのスタバンゲルで行われ、男子500メートルで北京冬季五輪銅メダルの森重航(オカモトグループ)が34秒65で優勝し、今季初勝利から4連勝として通算6勝目を挙げた。

日本記録保持者の新濱立也(高崎健康福祉大職)は34秒71で3位、村上右磨(高堂建設)が4位で続いた。

女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(TOKIOインカラミ)が1分55秒87で制し、開幕から3連勝。同種目は通算19勝目で、1000メートルなどと合わせて24勝目。佐藤綾乃(ANA)は8位だった。