アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝となる甲子園ボウル(17日、甲子園球場)を前に、対戦する関西学院大(関西)と法政大(関東)が4日、会場となる甲子園球場で会見した。

関学大が勝てば史上初の6連覇となるが、LB海崎琢主将(4年)は「あまり意識していない。今年1年間の集大成として日本一になりたい」と、現チームで日本一を達成することに対する価値を強調する。

関西リーグを5連覇して同選手権へ進んだが、今年は最終節で関大に13-16で敗れ、関大、立命館大との同率優勝となった。海崎自身が抽選で同選手権切符を引き当てたが、秋季リーグでの初めての敗北に涙を流した。

主将は「味わったことのない感情を部員全員が受けた。その負けは1人1人に重くのしかかっている」と表情をゆがませつつ「4年間甲子園に出られて幸せ。いい結果を残したい」と最後の舞台を前に背筋を伸ばした。

一方、法大は2年ぶり19回目の出場で、06年以来17年ぶりの日本一を目指す。

前回の甲子園ボウルでは、関学大に阻まれて頂点を逃していた。WR滝沢叡主将(4年)は「3、4年生にとってはリベンジの機会」とチャンピオンチームとの対戦を喜び「今年の最初から接点にこだわってきた。関学大に通用するかどうか」と決戦の日を待ちわびた。