日本水連は6日、来年2月の世界選手権(ドーハ)に臨む競泳日本代表を発表した。

7月の世界選手権(福岡市)で男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(CHARIS&Co.)や男子200メートルバタフライで2大会連続3位の本多灯(イトマン東京)ら男女計12人が名を連ねた。世界選手権は21年夏が福岡市、23年がドーハの予定だったが、新型コロナの影響で開催時期が変更となった。ドーハ大会は3月のパリ五輪日本代表選考会に時期が近いため、日本水連は出場を希望した選手から選んだ。入江陵介や大橋悠依(ともにイトマン東進)、池江璃花子(横浜ゴム)らはメンバー入りしなかった。