卓球で初開催の混合団体ワールドカップ(W杯)は7日、中国の成都で決勝リーグが行われ、日本はスウェーデンに8-5で競り勝ち、スロバキアを8-2で退け、通算4勝0敗とした。

混合ダブルスなどの各試合は3ゲームずつ行われ、合計で8ゲームを先取したチームの勝利となる。第5試合までもつれたスウェーデン戦は女子ダブルスで張本美和(木下アカデミー)早田ひな(日本生命)組が1ゲームを奪って決着。スロバキア戦は第1試合の混合ダブルスで張本智和(智和企画)早田組が3-0で快勝して勢いづけた。