スノーボードのワールドカップ(W杯)は8日、カナダのエドモントンでビッグエア第3戦の予選が行われ、女子は深田茉莉(ヤマゼンロックザキッズ)が2位、岩渕麗楽(バートン)が4位、鬼塚雅(ISPS)が5位に入り、上位8人で争う9日の決勝に進んだ。

男子は宮村結斗が1組2位、木村葵来(ともにムラサキスポーツ)が同3位で10人による9日の決勝に進出。昨季の世界選手権覇者の長谷川帝勝(STANCER)は1組9位、木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)は2組5位で9日の準決勝に回った。

荻原大翔(尾瀬ク)国武大晃(ブックオフ)は落選。大塚健(バートン)は棄権した。(共同)