決勝リーグが行われ、日本は中国に5-8で敗れ、通算4勝2敗となった。

第3試合の男子シングルスで張本智和(智和企画)が世界王者の樊振東を破るなど、健闘も及ばなかった。各試合3ゲームを実施し、8ゲームを先取したチームの勝利となる。(共同)