1964年東京オリンピック(五輪)のバレーボール女子で金メダルに輝き「東洋の魔女」と呼ばれた日本代表の主力だった寺山恵美子(てらやま・えみこ、旧姓宮本=みやもと)さんが7日午前8時9分、敗血症のため茨城県高萩市の病院で死去した。86歳。和歌山市出身。葬儀・告別式は12日午前11時から茨城県日立市諏訪町1030、日立平和台会館で。喪主は夫徹(とおる)さん。

県立和歌山商業高で活躍し、日紡貝塚入り。故大松博文監督の猛練習で鍛えられ、貴重な左利きのアタッカーとして活躍した。62年の世界選手権優勝に貢献し、最優秀選手となった。引退後は茨城県でバレーボール指導に携わった。