男子は安川潤(早大)が2連覇を果たした。女子は竹内亜衣(市千葉高)が初優勝した。

予選タイムの上位者による1対1のトーナメントで争われ、安川は決勝で三田歩夢(千葉県協会)に先着した。男子の日本記録保持者で予選をトップ通過した大政涼(松山大)は1回戦で敗退した。

竹内は決勝で金谷春佳を下し、女子の日本記録を持つ林かりん(いずれも鳥取県協会)は3位だった。(共同)