卓球の世界選手権団体戦で5大会連続の銀メダルとなった日本女子と8強だった日本男子代表が26日、都内で帰国会見を開いた。

日本女子は決勝では中国を相手にエース早田ひな(23=日本生命)、平野美宇(23=木下グループ)が勝利。53年ぶりの世界一まであと1歩と迫ったが、2-3で敗れた。

早田は中国戦について、「2番で勝った時の4番への準備の難しさ。(世界ランキング1位の)孫穎莎選手への準備が遅かった。(22年に)張本智和選手が(中国から)2点を取ったのはすごいこと。最後の壁を乗り越えるためには、2つの準備をしないといけない」と収穫を得た。

今夏のパリオリンピック(五輪)代表の平野は「(五輪では)メダルがとりたいと思っていたが、今回の決勝で銀メダルをもらった時に初めて金メダルを目指したいと思った。次は金メダルをとれるように頑張りたい」と心境の変化があった。15歳の張本美和(木下グループ)は「2点起用で期待に応えられなかった、孫穎莎選手は強いの一言。少しずつ近づけるようにしたい」と初舞台を振り返った。