違法薬物事件で廃部となった日大アメリカンフットボール部を巡り、日大が関東学生連盟への再加盟申請を24年度は見送る方針を固めたことが28日、明らかになった。

今月退会しており、新たな部が設立されても連盟が主催する24年度の公式戦は不参加となる。24年度の新規加盟申請は29日が期限。大学側は事件に関与していない在学生や新入生のために「新たな受け皿」を設けるとしていたが、大学幹部によると、学内でスポーツ競技部の在り方を見直した結果、再加盟は時期尚早と判断したという。