パリ五輪予選を兼ねたサーフィンのワールドゲームズ(WG)は28日、米自治領プエルトリコのアレシボで行われ、男子の敗者復活3回戦で、日本人の母を持ちオーストラリアから登録変更したオレアリー・コナーは8組1位で通過し、同4回戦に進んだ。

パリ五輪代表の五十嵐カノア(木下グループ)は敗退した。(共同)