ハンドボール男子日本代表を率いて今夏のパリ五輪出場に導いたダグル・シグルドソン氏(50)が男子クロアチア代表監督に就任したと29日、クロアチア協会が発表した。

アイスランド出身のシグルドソン氏は17年2月から日本代表監督として指揮を執り、21年の東京五輪を経て強化を実らせ、開催国枠以外では36年ぶりの五輪出場をもたらした。契約はパリ五輪までだったが、2月3日に日本協会に対して辞意と他国監督に就任する希望を伝えていた。