2034年冬季五輪の開催に向け、米ユタ州ソルトレークシティーが国際オリンピック委員会(IOC)へ正式に立候補を届け出たと2月29日、ロイター通信が報じた。同都市は23年11月に開かれたIOCの理事会で、34年大会の最優先候補地に決まっている。

IOCは34年に加え、30年大会もフランスのアルプス地域を最優先候補地に選出しており、今年7月の総会で冬季五輪初となる2大会同時決定が確定的な情勢。2大会を巡っては札幌市が東京五輪を巡る汚職・談合事件の影響で30年の招致を断念し、34年の可能性も消滅した経緯がある。

ソルトレークシティーでは02年に冬季五輪が開催されている。(共同)