スケートボード・パークのパリ五輪(オリンピック)予選第4戦第4日は2日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで女子準決勝が行われ、昨年の世界選手権で初優勝した開心那(15=WHYDAH GROUP)が85・90点で3位に入るなど、日本勢3人が上位8人で行われる3日の決勝に進んだ。

長谷川瑞穂(13)が5位、東京五輪金メダリストの四十住さくら(21)が6位で通過。菅原芽依(16)は9位で惜しくも進出を逃した。世界選手権銀メダルの草木ひなの(15)は棄権した。(共同)