NBAの最多得点記録を持つレイカーズのレブロン・ジェームズが26点を挙げ、通算4万点の大台に到達した。

ジェームズが第2クオーター残り10分39秒にレイアップシュートを決め、通算4万点に到達した。偉業達成後のタイムアウト中に、NBAデビューからのハイライト映像が流れるなど会場から祝福を受け「歴史上初めての人物になるということはうれしい」と話した。

ただ、試合には敗れ「負けたことは気に入らない」と厳しい表情を見せる場面も。八村は「記録などもあると思うが、彼もやはり優勝を目指している。僕もそれを助けられるよう頑張っていきたい」と決意を新たにした。(共同)