レイカーズの八村塁は本拠地ロサンゼルスでのナゲッツ戦で12試合連続先発出場し、36分50秒プレーして23得点、3リバウンドだった。チームは114-124で敗れ、33勝29敗となった。

グリズリーズの渡辺雄太は、本拠地メンフィスでのトレイルブレーザーズ戦で出場機会がなかった。チームは100-107で敗れ、20勝41敗。

◆八村の話 僕らは最後の2~3分で得点も守備も彼らがやりたいこと全てをやらせてしまう。それが今日も起こってしまった。彼らには何度もやられているので、次に対戦した時はしっかりとやりたい。

(共同)