フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス杯(21、22日・ボルドー)に出場する町田樹(関大)が19日、フランス出発を前に関西空港で取材に応じ「憧れのフランスでの大会。自分の演技を届けたい」と意気込みを語った。

 10月のGP第1戦、スケートアメリカでは2連覇を飾る幸先の良いスタートを切った。しかし、帰国後は靴を変更したことで「調子を落としてしまい、苦しい1カ月だった」という。

 今大会で3位以内に入れば、ファイナル(12月・バルセロナ)進出が決まる。「ある程度は立て直せた。スケートアメリカと同等か、それ以上の仕事はしたい」と静かに闘志を燃やしていた。