遠征先で同僚選手に暴行した疑いで一時身柄を拘束されたスーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)所属の日本代表FWアマナキ・レレイ・マフィ(28)の審問が11日、ニュージーランドの裁判所であり、弁護士は正当防衛として無罪を主張した。

保釈中のマフィは日本滞在中で、8月16日の前回審問に続き出廷しなかった。裁判官は11月の次回審問までの保釈を認めた。