大分県警大分東署は5日、ラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグのオーストラリア対ウルグアイ戦が開催されていた大分市の昭和電工ドーム大分内で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで職業不詳の男を現行犯逮捕した。署によると、オーストラリア人だとみられる。

逮捕容疑は午後4時10分ごろ、不特定多数の前で、下半身を露出して走り回るなどした疑い。

男は上半身に法被を着用した格好で、ピッチから観客席の階段をかけ上がった。逮捕時はオーストラリアが試合を制した後で、男は酒を飲んでいたという。(共同)