ラグビーのイングランド・プレミアシップ、サラセンズは18日、年俸総額の上限を定めたサラリーキャップ制度に違反したとして、リーグから科された勝ち点35の減点と罰金536万ポンド(約7億5000万円)の処分に異議を申し立てず、受け入れると発表した。

リーグ2連覇中の強豪サラセンズは今季はここまで3勝1敗で、勝ち点はマイナス22となる。(共同)