サンスクリーン剤はたくさん塗らないと意味がない!?

川島4

有森ところで日焼け止めって人によって合う合わないはありますか?

川島以前は紫外線吸収剤の影響でかぶれるという症状が出た人もいましたが、現在の製品はそのようなことはなくなりました。ですから使い心地の良さを基準に選んでいただきたいと考えています。使いやすいのはスプレー式のものですが、使っている人は5秒間噴射する程度ですがそれでは塗りが足りません。30秒程度噴射しないと正しい効果はありません。べたつきが少ないのはジェルですが、これでも皆さん塗り方が足らないです。効果を発揮させるためにはどのサンスクリーン剤でも1平方センチあたり2ミリグラムが必要なのですが、皆さんの使用量は塗りやすいジェルでも1ミリグラム程度とかなり少ないです。それだと効果は半減です。厚塗りだと思うくらい塗った方がいいです。

有森そうなんですね。私はかなり薄めに塗っていたような…。

川島クリーム状のサンスクリーン剤だと塗った後にティッシュペーパー1枚を張って落ちない位の量じゃないと効果を発揮しないです。結構しっかりですね。ところで現役時代の日焼けに関するエピソードはありますか?

有森ランニングの時ではないのですが、大学1年生の時に水泳実習ありました。その時にサンスクリーン剤も何も塗らないで実習に参加して背中が大変なことになりました。ヤケド状態で背中の皮がむけてしまい、10日ほどうつ伏せで寝た思い出があります。それが私の日焼けの思い出ですね。

アトランタ五輪で銅メダルを獲得する有森さん
アトランタ五輪で銅メダルを獲得する有森さん

川島それは大変でしたね。

有森私、肌が強いんですよ。母も強くて遺伝的なものもあると思うのですが…。大変な日焼けをしてもすぐ治っていたので過信していた部分もありますね。また当時は日焼けをすると「健康的」と言われていたので何のケアもしなかったです。引退した後もノーメークで過ごしていたのですが、ある日テレビ局でメーク担当の方から「身体を鍛えるのはいいけど、肌を鍛えるのは止めてくれませんか」と言われて、それから日焼け止めを使うようになりましたね。

川島そうですか。少し反省していただいて、正しくサンスクリーン剤を使ってください(笑)。

有森今はだいぶ使うようになりました(笑)。当たり前のようなことを聞きますが、先生はきっちり塗られているんですか?

川島2

川島もちろんです。私はゴルフが好きなのでスタート前に塗って、ハーフの休憩の時にもう一度塗り直していますよ。

有森さすがですね。日焼け止めの表示に、水に強いウォータープルーフのものがありますが、落ちにくいと肌に浸透して害になるイメージがあり抵抗があります。かといって通常タイプは汗をかくとすぐ落ちてしまいますよね。

川島ウォータープルーフが害になるというのは決してありません。落ちにくいだけですね。なので状況に応じて使い分けていただきたいですね。ウォータープルーフタイプは使用後に水で洗っても落ちにくいので、(化粧を落とす)クレンジングを使ってしっかり落としていただきたいです。男性もクレンジングを使った方がいいですね。

日焼け後のアフターケアも大切

有森2

有森日焼けしてしまった後のアフターケアはどうしたらいいですか。

川島学生時代の有森さんの日焼けはヤケドなので病院に行った方がいいです(笑)。肌が赤くなった状態の時は炎症を起こしているのでその後がシミになりやすいです。炎症を抑えるために冷やすことを心掛け、炎症を抑える薬を使用した方がいいですね。

有森私は外出後には内面からケアするためにビタミンCを摂取するように心掛けています。色素沈着を抑制する化粧品も塗っています。

川島ビタミンCは色素自体の色を還元するので薄くなります。また代謝にもいいですね。飲むだけでなく塗るのもいいですね。

有森先生からいろいろうかがって、日焼けに対するケアは大切だと実感しました。昔に比べると私自身、新陳代謝も落ちているし日焼けした後の戻りも遅いのでできる限りのケアをしていきたいと思います。

集合2
プロフィル
有森裕子(ありもり・ゆうこ)
◆有森裕子(ありもり・ゆうこ)1966年(昭41)12月17日、岡山県岡山市生まれ。日体大を経て89年リクルート入り。90年大阪国際で初マラソン日本最高(当時)、91年同大会で2時間28分1秒の日本最高(同)。五輪は92年銀、96年銅。99年のボストンで2時間26分39秒の自己ベストで3位。07年に引退。
川島眞(かわしま・まこと)
◆川島眞(かわしま・まこと)1952年(昭27)4月4日、宮崎県宮崎市生まれ。1978年東京大学医学部卒業。東京女子医科大学皮膚科主任教授を経て、現在は東京女子医科大学名誉教授、医療法人社団ウエルエイジング総院長。専門はアトピー性皮膚炎、ウイルス感染症、美容医療。日本美容皮膚科学会前理事長、日本香粧品学会前理事長、日本コスメティック協会理事長、NPO法人皮膚の健康研究機構副理事長。

光老化啓発特集 ニュース一覧

第1回
秋も油断できない光老化とは!?
第2回
マラソンシーズン到来!光老化対策で記録UP?
第3回
Coming soon