このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 日本代表 > ニュース



新生・岡田ジャパン0-0/親善試合

後半、再三の好機にゴールを外し、ベンチで頭を抱える岡田監督(共同)
後半、再三の好機にゴールを外し、ベンチで頭を抱える岡田監督(共同)

<国際親善試合・キリンチャレンジ杯:日本0-0チリ>◇26日◇国立

 新生・岡田ジャパンがW杯アジア3次予選のタイ戦(2月6日、埼玉)に向けて、課題を残す船出となった。

 10年ぶりに日本代表に復帰した岡田武史監督(51)が、初陣のチリ戦を0-0で引き分けた。オシム前監督のチームを引き継ぎ、さらに鹿児島・指宿合宿で岡田イズムを注入してこの日を迎えた。

 前半は細かいパスワークから好機もあったが得点まで至らない。後半途中でMF羽生、FW大久保を投入して前線が活性化。大久保が4本のシュートを放つなど、相手ゴールを脅かすシーンもあったが無得点。W杯予選イヤーの初戦はほろ苦い結果に終わった。

[2008年1月26日22時22分]

  • エヌスクへ
関連情報
  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地12月11日 ※時刻は日本時間
シャフタル・ドネツク(ウクライナ) 0-3 アタランタ(イタリア)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 1-4 マンチェスターC(イングランド)
パリサンジェルマン(フランス) 5-0 ガラタサライ(トルコ)
クラブ・ブリュージュ(ベルギー) 1-3 Rマドリード(スペイン)
Bミュンヘン(ドイツ) 3-1 トットナム(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ) 1-0 レッドスター(セルビア)
Aマドリード(スペイン) 2-0 ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
レーバークーゼン(ドイツ) 0-2 ユベントス(イタリア)

「新生・岡田ジャパン0-0/親善試合」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ