このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > ニュース


サッカーメニュー

造反PKの浦和ワシントンは不問に

FWワシントン(右)はオジェック監督に鼻骨骨折部の具合を報告する
FWワシントン(右)はオジェック監督に鼻骨骨折部の具合を報告する

 「造反」エースにおとがめなし。浦和は12日、前日11日の川崎F戦でオジェック監督(59)の指示に従わずにPKを蹴ったFWワシントン(32)に対して、ペナルティーを科さないことにした。ワシントンの「造反」は今季4度目。1、2回目はペナルティーを科したものの、10月28日の采配批判に続いて今回も不問に付した。アジア一とリーグ連覇の「2冠」達成という目標のために、フロント、現場ともに「大人の判断」を下した模様だ。

 川崎F戦から一夜明けたこの日、さいたま市内の練習場に、すでにトレーニングを始めていた選手たちに遅れて、ワシントンが登場した。ゆっくりとオジェック監督に近づくと、なにやら相談。そのままクラブハウスへ引き揚げた。

 ワシントンは「鼻の状態や、右もも裏に張りがあるので休みたいと申し出た」と冷静に話した。これに対し、同監督も「治療した方がいい」と納得した。お互い前日の件には触れず、当然、ワシントンに謝罪はない。和解と言い難いが、大一番を前にオジェック監督も絶対エースに配慮した形だ。

 今季ワシントンは4度、「造反」をしている。1、2回目は、クラブから厳重注意やサテライト降格のペナルティーを受けた。しかし10月28日名古屋戦での采配批判に続き、今回もクラブ側は不問に付した。藤口光紀社長は、監督の指示を無視しPKを蹴った行為について「見解の相違だから。選手同士が決めたこと。言った通りにするのがいいとは限らない。それがサッカー」と話し、ペナルティーを科さないことを明言した。

 現場もフロントも、セパハンとのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦を14日に控え、チーム内にこれ以上波風を立てたくないもようだ。リーグ連覇も目の前に来ている。オジェック監督との確執を抱えたままのワシントンも、アジア一をかけた戦いへのモチベーションは高い。「1年間かけて決勝に進んだ。出してくれたら片足でもやりたい。優勝してクラブW杯に出場すれば、チームにとっても個人にとっても大きい」。今季のチームの大目標である2冠獲得に向けて、それぞれが「大人の判断」をしたようだ。

[2007年11月13日9時49分 紙面から]

  • エヌスクへ
関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地3月18日 ※時刻は日本時間
Bミュンヘン 05:00 チェルシー
バルセロナ 05:00 ナポリ

「造反PKの浦和ワシントンは不問に」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ