このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 海外サッカー > ニュース



俊輔のFKでバルサ戦にかすかな望みも

セントミレン戦の後半42分、途中出場しFKを直接決めた中村(共同)
セントミレン戦の後半42分、途中出場しFKを直接決めた中村(共同)

<スコットランドリーグ:セルティック1-0セントミレン>◇24日◇ペイズリー

 【グラスゴー(英国)25日=アンソニー・マッカスカー通信員】セルティックMF中村俊輔(29)が半年ぶりのFK弾で完全復活ののろしを上げた。後半19分から出場したセントミレン戦(24日)の同42分、直接FKで決勝点を挙げた。リーグ戦首位レンジャーズとの勝ち点差4をキープ。20日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦での完敗ショックも一掃し、勢いを得た首脳陣からは3月4日の第2戦での逆転への希望の声も上がった。

 セルティックのバーンズコーチが思わずうなずいた。「(欧州CLの)8強進出をあきらめることはない。ナカがいる限り、必ずチャンスが訪れる」。中村の一撃には、バルセロナショックを振り払い、チームに自信とプライドをよみがえらせる力があった。

 唯一無二の豪快なフォームが、左足完全復活を雄弁に告げた。後半42分。中村は自らファウルを受けて獲得したFKを、ゴール正面やや左よりに静かにセットした。「コースはGKを見て決めた。向かって左を警戒していたので、逆を突いた」。上体は左方向を向いたまま、右方向に左足を振りぬく独自のフォームで、ゴール右サイドのネットを深く突いた。

 久々の快感だった。昨年8月11日フォルカーク戦以来、リーグ戦のFKゴールはおよそ半年ぶり。昨年末に痛めた左ひざじん帯への負担を考え、FKは練習すら避けてきたためだ。2カ月半の長期離脱後、すでに公式戦で2得点。だがこの日の一撃は特別だった。全身を大きくひねって生み出すパワーを、左ひざがしっかりと受け止め、余さずボールに伝えた。ケガの不安がなくなったことを、はっきりと示すゴールだった。

 大逆転への筋書きも見えた。20日の欧州CLでは、バルセロナに2―3で完敗。8強進出のためにはアウェーでの第2戦で、少なくとも2得点しての勝利が必要になった。少ないチャンスを高確率でモノできる中村のFKが威力を取り戻したことで、わずかな可能性が見えてきた。

 この日の先発出場を免除してくれた、首脳陣の意図も十分分かっている。「9日間で4試合もあるけど、今日休めたから、次からフレッシュにプレーできる」。昨季欧州CLでも、マンチェスターUとの1次リーグ最終戦で決勝FK弾を決め、逆転での決勝トーナメント進出の立役者になった。再び奇跡を起こすため、早くもバルセロナ戦に照準を合わせた。

[2008年2月26日9時32分 紙面から]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地3月13日 ※時刻は日本時間
バルセロナ(スペイン) 5-1 リヨン(フランス)
Bミュンヘン(ドイツ) 1-3 リバプール(イングランド)

「俊輔のFKでバルサ戦にかすかな望みも」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ