このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > 日本代表 > ニュース



オシム監督の教え子2人輝く/五輪予選

前半41分、MF本田がチーム3点目となるPKを決める
前半41分、MF本田がチーム3点目となるPKを決める

<北京五輪最終予選:日本4-0ベトナム>◇C組◇17日◇ベトナム・ハノイ

 オシム監督に鍛えられた2人が輝いた。水野と水本。千葉の誇る「ウォーターボーイズ」が、攻守の軸になった。まずは、水野が見せた。開始8分、FKでFW李の先制点をアシスト。「僕の球質は伸びるのでなく、手前で落ちる感じ。FWがそれを覚えてくれて良かった」。後半42分にも4点目を演出するなど、独特の弾道を描くFKでチームを波に乗せた。

 水本は守備で支えた。赤いキャプテンマークを腕に巻き、センターバックとしてDFラインを統率。前半9分の接触プレーで鼻骨を骨折しながら、ベトナムを完封した。試合後、氷を鼻に当てた姿は痛々しかったが「オシム監督に比べれば何でもありません。次(最終戦)もやるしかない」と気力を振り絞った。

 04年当時、オシム監督率いる千葉に同期入団。互いの存在を励みにして、主力へ成長した。水野は言う。「裕貴には、何にしろ1歩負けている。アンダー世代もJリーグもA代表も、デビューは全部、あいつが先。オレは、後ろからくっついていった。でも、あいつがすごく刺激になる」。

 2人とも、何度となくオシム監督に怒られてきた。水野は、この日の出来について「流れの中のプレーが雑。今日のプレーじゃ、オシムさんにしかられます」と病床の恩師を思い浮かべた。「いい報告ができそうか?」と問われた水本は、表情を変えずに言った。「それは、五輪が決まってからだと思います。まだ途中です」。この程度で御大が喜ばないことは、2人が誰よりも知っている。

[2007年11月18日9時34分 紙面から]

関連情報
  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地11月1日 ※時刻は日本時間
ベシクタシュ(トルコ) 1-1 モナコ(フランス)
セビリア(スペイン) 2-1 スパルタク・モスクワ(ロシア)
リバプール(イングランド) 3-0 マリボル(スロベニア)
ナポリ(イタリア) 2-4 マンチェスターC(イングランド)
シャフタル・ドネツク(ウクライナ) 3-1 フェイエノールト(オランダ)
ポルト(ポルトガル) 3-1 ライプチヒ(ドイツ)
ドルトムント(ドイツ) 1-1 APOEL(キプロス)
トットナム(イングランド) 3-1 Rマドリード(スペイン)


このページの先頭へ