このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > ニュース


サッカーメニュー

東京がネドベド獲得へ10億円補強に動く

 東京が、元チェコ代表の世界的なスターで、イタリア・セリエAの強豪ユベントスMFパベル・ネドベド(35)の獲得に動いていることが、7日に明らかになった。関係者を通じて下交渉に入っており、総額10億円超の補強費を投入する方針だ。ユベントスとの契約が6月末で切れるネドベドも、欧州以外でのプレーを視野に入れている。東京は、欧州主要リーグの移籍市場が開く7月にも、02ー03年度のバロンドール(当時は欧州最優秀選手)に正式オファーを出す。

 東京が、首都に拠点を置くクラブの威信をかけて超大型補強に乗り出した。J加盟10周年を迎える今季に向けて昨年中から、優勝争いと集客の切り札になりえるワールドクラスの選手獲得を検討。プレースタイルや条件面などを吟味し、ネドベドに一本化した。クラブ内部に交渉セクションを設け、独自に調査。代理人など関係者とも接触、すでに獲得の意思を伝えている。

 ネドベドは、06年W杯ドイツ大会後にチェコ代表を引退したが、現在も強豪ユベントスの主力を担う世界最高クラスの攻撃的MF。底無しと言われる運動量と「チェコの大砲」と言われる強烈なミドルシュートで得点感覚に優れる。今季、城福新監督のもとで、人もボールも連動する「ムービングフットボール」を掲げる東京にとって、実績、知名度ともに抜群のネドベドは、何としても欲しい選手だ。

 高額年俸も覚悟の上だ。ネドベドの今季年俸は推定5億8000万円。東京の年間運営費の約16%を占めるが、スポンサー関連などと協議を重ねて10億円を超える資金を投入する方針を固めた。ネドベドはセリエAのシーズンが終了する6月末でユベントス側との契約が満了。今年で36歳とピークは過ぎており、他クラブと競合しても、マネーゲームにはなりにくい。ユベントス側は無償での流出を警戒し、今月に入って契約延長を打診しているが、本人は欧州以外でプレーする考えを持っており、条件次第ではJ移籍は十分あり得る状況だ。

 東京の村林裕社長は、具体的な選手名を控えつつ「まだ本人が来てくれるか分からないし、すべては今後の状況次第。クラブとして最善を尽くしたい」と話した。体制を一新した今季は世界戦略元年。09年リーグ優勝とクラブW杯出場を目標に掲げ、戦力と経営の基盤づくりが大きなテーマになっている。「首都のクラブの実力が、国のレベル」といわれるサッカー界。近年のJリーグにない超大型補強で、ビッグクラブへの脱皮を目指す。

[2008年2月8日9時3分 紙面から]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地2月22日 ※時刻は日本時間
ポルト(ポルトガル) 0-2 ユベントス(イタリア)
セビリア(スペイン) 2-1 レスター(イングランド)

「東京がネドベド獲得へ10億円補強に動く」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ