中日が練習する沖縄・北谷球場に14日、プロ野球キャンプ地には不似合いな金属音が響いた。

 「カキ~ン」「カキ~ン」と金属バットで甲高い音を奏でたのは、練習参加した女子野球の選手たち。女子プロ野球界屈指の打者、日本代表の三浦伊織外野手(20)らが、鋭い打球を飛ばした。

 何と、打撃投手を務めたのは高木守道監督(71)!

 暴走老人を自任しているが、レディーの前ではジェントルマン。優しい守道監督が野球界発展のためにひと肌脱いだ。