日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

藤浪 変化球“解禁”磨くキラーフォーク

キャッチボールでフォークを投げる藤浪(撮影・清水貴仁)
キャッチボールでフォークを投げる藤浪(撮影・清水貴仁)

 阪神ドラフト1位藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)が24日、変化球を“解禁”した。鳴尾浜で行われている新人合同自主トレで小豆畑とキャッチボール中、遠投前に約20メートルの距離で約10球、カーブ、スライダー、フォークを投じた。

 「変化球は感覚だと思う。割と自分は遊び半分で投げたりすることも多い」

 藤浪はスライダー、フォーク、チェンジアップ、カーブ、カットボール、ツーシームの6種類の変化球を操る。調子や指先の感覚によって、同じ球種でも握りを変え、試合中にも微調整していたという。

 「その日の調子によって握り方も、体の開きとか自分の指先の感覚も違うので、握り方も毎回いろいろ変えたり、握り方のレパートリーを高校の時に考えてやっていた」

 例えばカーブなら2~3種類の握り方があるという。レンジャーズのダルビッシュばりに変幻自在。高校時代は同一打者と対戦する機会は少なかったが、プロではその機会が多くなる。打者によって握りを変えることも視野に入れている。

 「そこまでの技術になればの話ですけど、もちろん、できるならやりたい」

 大阪桐蔭時代に三振を奪った変化球のほとんどは、曲がりが大きく、高速スライダーに近い、カットボールだったという。プロで通用するように、変化球の精度を上げていくつもりだ。

 「プロではスライダーでも簡単に見切られると思うので、フォークとか、プロでも空振りを取れるような球を磨いていきたい」

 3月以降の実戦デビューを見据え、怪物は進化を続ける。【岡本亜貴子】

 [2013年1月25日15時45分 紙面から]

PR情報






日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞