このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > ニュース


サッカーメニュー

播戸移籍も「一番いい場所でやりたい」

練習でボールに食らいつくG大阪FW播戸(撮影・岡潤一)
練習でボールに食らいつくG大阪FW播戸(撮影・岡潤一)

 G大阪FW播戸竜二(28)が移籍も視野に入れて、来季の所属先を決める考えを明かした。14日、吹田市内のクラブハウスで1回目の契約交渉に臨んだ。500万円増の年俸5300万円を提示されたが「自分が一番いい(と思う)場所でやりたい」と更改を保留した。今季は先発17試合に終わり、来年2月に始まるW杯アジア3次予選での日本代表入りのためにも出場機会が欲しい。他クラブからオファーが届けば、移籍を決断する可能性もある。(金額は推定)

 交渉を終えた播戸の口から、最後まで残留宣言は出なかった。推定5300万円の提示を受け「評価はしてもらってる感じ」と話したが、表情は晴れない。「いろいろ考えて、自分が一番いい(と思う)所でやれるのが一番やと思う。ここからはどうなるか分からん。天皇杯を戦いながら、しっかり考えたい」。移籍も視野に入れた悩める胸中を明かした。

 G大阪移籍2年目の今季は、苦悩のシーズンだった。昨季得点王のマグノ・アウベスに、甲府からバレーが加入。助っ人2トップとのレギュラー争いを強いられ、先発は17試合だった。昨季より7点少ない9ゴールに終わり「ずっと先発で出てる方がリズムがつかみやすい」と漏らしたこともある。日本代表にも完全定着できなかった。

 来年8月で29歳。2月からはW杯アジア3次予選が始まる。岡田監督の就任で代表の選手選考は横一線。Jリーグで結果を出し続ければ定着のチャンスはあるが、来季もG大阪のポジション争いは厳しい。クラブは東京FWルーカスの獲得に乗り出し、交渉は順調。加入が決まれば、今季20得点のバレーを含めた外国人との争いを再び強いられる。

 「レベルアップできる環境でやれるのが一番。そういうことを総合的に考えて決めたい」。G大阪への愛着は人一倍強い。もちろん最終的に残留を選ぶ可能性はあるが、去就は流動的になってきた。【北村泰彦】

[2007年12月15日9時15分 紙面から]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地10月17日 ※時刻は日本時間
スパルタク・モスクワ(ロシア) 5-1 セビリア(スペイン)
マリボル(スロベニア) 0-7 リバプール(イングランド)
マンチェスターC(イングランド) 2-1 ナポリ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ) 1-2 シャフタル・ドネツク(ウクライナ)
モナコ(フランス) 1-2 ベシクタシュ(トルコ)
ライプチヒ(ドイツ) 3-2 ポルト(ポルトガル)
APOEL(キプロス) 1-1 ドルトムント(ドイツ)
Rマドリード(スペイン) 1-1 トットナム(イングランド)

「播戸移籍も「一番いい場所でやりたい」」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ