コンテンツエリア



メインコンテンツ

Schedule日程・結果

6競技80種目で10日間の熱戦/競技ガイド

 ピョンチャン(平昌)パラリンピックは、韓国北東部の江原道が舞台となる。平昌で開・閉会式と主な雪上競技、江陵では氷上競技が、旌善ではアルペンスキーの滑降競技が行われる。障がい者スポーツの冬の祭典は、アジアでは98年長野大会以来2度目の開催となる。

 日程は3月9〜18日の10日間。アルペンスキー、ノルディックスキー距離、バイアスロン、パラアイスホッケー、車いすカーリング、スノーボードの6競技80種目で金メダルが争われる。スノーボードは前回ソチ大会ではアルペンスキーの種目として実施され、今大会から競技として独立した。

 選手は障がいのカテゴリー(種類)に応じて、視覚障がい(B1〜B3)、立位(LW1〜LW9)、座位(LW10〜LW12)にクラス分けされる。数字は少ない方が障がいが重い。

パラリンピック 種目数 オリンピック 種目数
アルペンスキー 30 アルペンスキー 11
バイアスロン 18 バイアスロン 11
クロスカントリー 20 クロスカントリー 12
パラアイスホッケー 1 アイスホッケー 2
スノーボード 10 スノーボード 10
車いすカーリング 1 カーリング 3
ボブスレー 3
フィギュアスケート 5
フリースタイルスキー 10
リュージュ 4
ノルディック複合 3
ショートトラックスピードスケート 8
スケルトン 2
スキージャンプ 4
スピードスケート 14
種目数合計 80 102






右カラム


Twitter日刊スポーツ五輪ツイッター