巨人小林誠司捕手(29)が3日、都内の球団事務所で契約更改を行い、600万円増の6000万円でサインした。

今季は119試合に出場。前年の138試合を下回ったが、打率は2割1分9厘と向上。盗塁阻止率はセ・リーグトップの3割4分1厘だった。来季よりFAで炭谷が加入し、阿部も捕手に復帰。さらに正捕手争いは激しくなる。「信頼を勝ち得ていないので、現実を受け止めて力をつけて勝負していきたいと思います」と話した。

来季に向けて「現状は全く満足していない。もっともっと高い目標を持って頑張りたい。たくさんの方の期待を裏切っているので、そういう面で見返したいなと思いますし、変わらないといけないと思います」と話した。(金額は推定)