監督として3月のWBC優勝を果たした栗山英樹氏(62)が、侍ジャパンのメンバーたちとの再会を喜んだ。

コミッショナー特別表彰などを受け、来場した世界一メンバーと旧交を温めた。メジャー挑戦するオリックス山本由伸には「コンディショニングだけ気をつけて」とエール。「どこのチームに入るか分からないけど、ヌートバーや(大谷)翔平と戦うとか起こると思う。すごく楽しみ」と、わくわく感を隠さなかった。

メンバーにはこの日、NPBエンタープライズからWBC優勝リングが贈られ、栗山氏は「あなたは世界一の侍です。ありがとうございました」と直筆メッセージを添えた。「誇りを持って、野球の伝道師として前に進んで欲しい」と願った。