大阪桐蔭で春夏連覇を成し遂げた2人が、互いの活躍をたたえた。

メジャー1年目を終えた藤浪晋太郎投手(29=オリオールズFA)とオリックス森友哉捕手(28)が9日、くら寿司スタジアムで行われた野球教室「第1回 夢道場」に参加した。大阪桐蔭時代にともにプレーし、現在は森の個人トレーナーを務める久米健夫さん(28)の「地域の少年野球の野球振興に貢献したい」という思いに2人が共感。故郷の大阪・堺市で野球教室での初タッグが実現した。

ともに新天地で迎えた初のシーズンを終えた2人。オリックスでリーグ3連覇を成し遂げた森の活躍に、藤浪もあらためてすごさを実感。

「知らないチームの人と新しくやって、やりにくさだったり、気遣ったりだとかあったと思いますけど、そんなこと関係なく。打撃の方はいつも成績残して、チーム変わってる中で、扇の要としてチームを優勝させてますし、やっぱり普通にやったら普通に活躍するなと。やっぱりすごいなと思って見てました」

激動の大リーグ1年目を終えた森は藤浪に「いやもっとできると思います(笑い)」とよく知る関係だからこその一言。「後半持ち味をしっかり出せたと思うんですけど、来シーズンはその後半ぐらいの勢いで、開幕からずっと1年間通して投げきってほしいですし、先発やってほしいなと思います」。先輩のポテンシャルを知るからこそ、さらなる活躍を願った。