大相撲関脇の若隆景(27=荒汐)が2日、電話取材に応じ、名古屋場所(10日初日、ドルフィンズアリーナ)に向けて順調な仕上がりを語った。

同部屋所属の関取衆を除き既に名古屋入りしているという中、この日は同じ幕内の若元春や十両の荒篤山と申し合い稽古を行って汗を流した。「(仕上がりは)普段通り。稽古はできているので、悪くはないですね」と話した。

3場所続けて関脇として臨むことについて「先場所と番付は変わりないので、しっかり準備して、また気を引き締めて稽古していきたいと思います」。大勝ちすれば大関昇進の可能性も出てくるが、本人は「一生懸命にやるだけです」と淡々とした口調で語った。常日頃から意識する下からの攻めを武器に、「気を引き締めてやっていきたい」と誓った。

このところ世間を悩ませる厳しい暑さには「対策も何も暑すぎです」と驚きを隠せない様子。こまめな水分補給や体温管理を欠かさず、地方場所には必ず持っていくというマットレスでしっかり睡眠を取って暑さを乗り切りたい。名古屋場所について「もちろん良い場所にしたいと思いますし、ただ、そのためには15日間精いっぱい相撲を取ることが大事なので、そこに集中してやっていきたいと思います」と抱負を述べた。