肝パンまじりの良型カワハギを狙って、中紀・湯浅栖原の乗合船「かるも丸」(日刊銀鱗倶楽部加盟店)で15日、日ノ岬沖へ出た。

当日は風も、波もなく絶好の釣り日和。途中から底潮の流れが速くなり、カワハギに餌を取られ苦戦。それでもゼロテンション釣法や、底トントンなど、あの手この手で奮闘。竿頭は午後2時半までに20~27センチを28匹釣り上げた。肝パンカワハギはこれからが最盛期。条件がそろえば数、型とも期待できる。【中村和嗣】

   ◇   ◇   ◇

小さな口で上手に餌をかすめ取るカワハギ。その食いパターンを見つけ、微妙なアタリをかけた瞬間の気持ちよさがたまらない。この日もおのおのの釣り方、仕掛けで餌取り名人との駆け引きに挑んだ。

午前7時半ごろ、日ノ岬沖の水深40メートル、底はゴロタ石のポイントに入った。波は穏やかで、潮は緩い上り潮が流れている。右舷中央に入り、佐藤友則船頭の合図で一斉に流し釣りを開始した。

アサリ身を餌にした仕掛けが着底後、オモリで底を3回たたき、竿をゆっくり上下する誘いで食いアタリを待つ。すると2投目に竿先がブルブルとふるえる食いアタリ。上がってきたのは23センチの肝パンだった。その後、続けざまに20センチ級を2匹追加。好スタートに気持ちも高ぶる。

右舷船首の田中隆さん(神戸市)も、オモリを着底させたまま、ラインを張らず、緩めずのゼロテンション釣法で、肝パンの20センチ級を釣り上げる。その後も、竿をゆっくり上下したり、竿先を軽くシェイクする緩やかな誘いを交えながら、微妙なアタリをとらえ、20~22センチを追加していく。

左舷船首の橋爪賢司さん(和歌山市)は、集魚用の中オモリの替わりに、仕掛けの上に3グラムのシンカーをつけ、餌を底までゆっくり沈める。そして竿を軽く振って止めると、アタリがでて数を伸ばしている。

このまま順調に釣れ続くかと思ったが甘かった。底潮が速くなり、記者は小さなアタリが分かりづらくなりペースダウン。

そんな記者とは対照的に隣の田中さんは、食い込みのいい、穂先の柔らかな竿で小さなアタリを次々とらえていく。そして正午前、記者にもわかるくらいに竿が曲がるアタリで、この日最長寸の27センチを仕留めた。「日ノ岬はこの大きさが釣れるのが魅力的だよ」とニンマリ。

また、後半に釣果を伸ばしたのが船尾の桜井和治さん(兵庫・猪名川町)だ。前半はワイヤ仕掛けで1匹しか釣れず、船長から「仕掛けを(ナイロン)テグスに替えた方がいいよ」とアドバイスを受ける。そして仕掛けを変更。底トントンで誘うと、前半がウソのように次々ヒット。約1時間で18~22センチを10匹追加した。「船長に感謝です。アドバイスのおかげで目標の2桁釣れました」と大喜びだ。

そして、午後2時半に終了。竿頭は田中さんで、ゼロテンション釣法で20~27センチを28匹。また全員が2桁釣果だった。記者は13匹。ほとんどが肝パンで、20センチ超の食欲をそそられる良型ぞろいに大満足だった。

【今後の見通し】カワハギは、水温が18度を切って、潮が適度に動くと活性も高くなる。今年は小型が少なく、型は20~24センチが中心で、30センチ級も狙える。肝パンも年末から年始にかけ最盛期に入り、条件が良ければ40~60匹の数釣りが期待できる。釣期は例年5月末まで楽しめる。

【問い合わせ】かるも丸【電話】0737・62・3527。乗合船料金は1人1万1000円(氷付き)。エサ、仕掛けは別。エサ1パック500円。港に午前6時に集合、出船は同6時半ごろ(季節により変更あり要確認)。

【交通】電車はJR紀勢本線の湯浅駅下車。タクシーで約5分。車は阪和道の有田ICを出て国道42号を南下。湯浅交差点の信号を右折。北橋を右折(かるも丸の看板あり)道なりに進み栖原港へ。