陸上の今夏パリ五輪(オリンピック)マラソン男子代表に内定していた大迫傑(32=ナイキ)が、出場を明言した。4日、自身のYouTubeチャンネルを更新。これまで参加意思を明確にしていなかったが「出場する予定です」と宣言した。マラソンでは6位入賞した21年東京五輪に続き2度目の五輪出場となる。

パリ五輪の代表枠は「3」。昨年10月のMGCで2位以内に入れば即内定だったが、1位の小山直城、2位の赤崎暁に先着を許して3位だった。その後は3日の東京マラソンを最終戦とする選考大会3レースで、設定記録(2時間5分50秒)を突破した上で日本人最上位に入った選手が3枠目に内定する規定だったが、該当者不在のため、日本陸連の選考方針に基づいて大迫の代表入りが決定した。

年明けに出場を表明していた4月のボストンマラソンも「予定通り走る」と出走を明言。中3カ月で、花の都路を走ることになる。