日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

麻雀 ニュース

博報堂がCAに雪辱/企業対抗戦

[2016年11月22日11時37分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真剣な表情で対局する両チームの選手たち

真剣な表情で対局する両チームの選手たち

<麻雀企業対抗戦>◇20日◇RTD運営

 サイバーエージェント(CA)と博報堂との対抗戦が行われ、博報堂が勝利した。両社の対決は企業対抗戦の第1回となる2015年2月以来。前回の対決ではCAが勝利しており、博報堂はリベンジ達成となった。

 この日のルールは3本勝負のオリジナルルール。1回戦では、各チーム6選手が半荘3回戦ずつ戦った合計順位で競われ、博報堂チームのメンバーが役満・四暗刻で上がるなどして、36対42(39で引き分け)で先勝。2回戦は各チーム2人1組のペアを計3ペア作り、先鋒・次鋒・副将として半荘1回戦で対決。今度はCAに四暗刻が飛び出し、CAが2勝1敗で制した。

 タイで迎えた最終3回戦は各チーム代表のペア同士の半荘1回戦勝負。博報堂は、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する現役プロ2人をそろえる最強布陣で挑むと、相次いで大物手を実らせた博報堂が勝利した。博報堂の越山さんは「惨敗してからの練習の成果がでた。連敗だけは避けなければいけなかったので、うれしさよりもほっとしている」とひと安心。破れたCA藤田社長は「プロの意地を見ました」と脱帽していた。

 ◆麻雀企業対抗戦 CA代表取締役社長の藤田晋氏が麻雀最強戦2014(竹書房主催)で優勝したことをきっかけに、2015年2月にスタート。当初はCAとの対戦が主だったが、2016年からは別の企業同士の試合も増えている。2015年は東京・渋谷に本社を置くIT企業4社による「麻雀渋谷頂上決戦」や8社対抗による「年度代表者決定戦」、2016年7月にはCAと出版社3社のよる4社対抗戦も行われた。

  • TL

Ads by GooglePR

麻雀最新ニュース

企業対抗戦で講談社がサイバーエージェントに勝利

第42期最高位は村上淳/タイトル情報

第16期雀王は金太賢/タイトル情報

ノッてる男・石原真人が256人の頂点/日刊杯

麻雀ランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ