ナショナルズのデーブ・マルティネス監督(54)は16日、ワシントンで心臓のカテーテル手術を受けた。マイク・リゾGMが明かした。

マルティネス監督は15日、ホームでのブレーブス戦の試合中に胸の痛みを訴え、病院へと向かった。

同監督がチームを離れている間、チップ・ヘール・ベンチコーチが指揮を執る。(AP)